フォトパネルをDIY

こんにちは!

国内披露宴で手作りした【フォトパネル】を紹介します。
↓テントのふちにこんな感じで吊るされてます。
image

ポスターサイズに印刷した写真を
発砲スチロールのような軽量で硬めのボードに貼り付けます。

もちろん自分で加工はできないので印刷専門の業者さんにお願いしました。
私がお願いしたのはキンコーズ

5567-WI1_logo
このような印刷専門のお店は都内に何店舗もあります。
写真データを持ち込めばいろいろな方法で印刷してくれます。
しかも基本的に当日納品してくれるので速い!そして安い!!!
image

オーダーのとき気にかけたこと6つ!

(1)データは高解像度のものを持ち込む

ポスターサイズやA3サイズくらいに印刷されるので高解像度のデータを持っていく。

(2)データは複数の方法で持ち込む

私はUSBとfirestorageの両方で持っていきました。万が一ファイルが壊れていた場合に備えます。

(3)使用用途を店員さんに伝える

「屋外で使う」とか「両面テープで壁に付ける」とか用途を伝えると店員さんがいいアドバイスをくれるかも。

(4)印刷はやってもらう

店内にはセルフプリント用のパソコンやコピー機が置いてあります。
私も「写真の印刷のみセルフで行うと安くなる」と言われましたが、印刷での失敗が怖いのですべてお願いしました。

(5)時間に余裕をもってお店に行く

印刷後の画質の確認などで待ち時間がけっこうあります。最低でも1時間程度は見込んでおいた方がいいかも。

(6)急ぎの場合は空き状況を確認

基本的にこういったお店はビジネス利用の人が多いのですが、土日もけっこう混んでます!予約はたぶんできない。。

417

もちろん、このような装飾の作成は会場にお願いすることも可能ですが、自分で作ったほうが好きなようにできるし予算を気にして作れると思います。
ちなみに私は6枚のパネルを作って1万円程度でした。

パネル加工について(キンコーズ)

こちらのフォトコーナー、みなさんが熱心に見てくれたので
パーティーの後は少しボロボロ状態!(イニシャルボードが崩れてる笑)
image
ではまた明日!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク