レセプションのテーブルコーディネート(ハワイ)

こんにちは!

ハワイでのレセプションのテーブルコーディネートを紹介します。

レセプションは自分たちで手配しました。
予約したのはモアナサーフライダー内にあるレストラン【Beach House(ビーチハウス)】です。
8f633c16

メニューやドリンクは予約時に確認できるので問題ないのですが、
私が気がかりだったのは【テーブルコーディネート】です。

プロデュース会社さんが仲介していればテーブルコーディネートまで考慮してくれると思うのですが、自己手配なので自分でやらなければなりません。

他の花嫁様

他の花嫁様たちはこんな感じでした

シンプルな感じ。ピンクのロゼットが置いてあります。

ロゼットとメッセージカードが置いてあるんですね。
お花も盛り盛りでゴージャス!プチギフトのゴールドの袋もおしゃれ。
こちらはテーブルクロスがホワイトですね。生花がなくてもこういったペーパーフラワーでもいいですね!
こちらもホワイトのテーブルクロスバージョン。貝殻の小物がかわいい。
プチギフトはホノルルクッキーの箱にオリジナルのタグが付いてる。
新郎様のロゼット。
ウェルカムボードだけでもオリジナル感が出ますね。

(画像はお借りしました)

ベースのコーディネートは【ブラウンのクロス×白いお皿】

ベースのコーディネートは【ブラウンのクロス×白いお皿】です。
ハワイらしさのあるカジュアルな感じ。

ランチタイムとティータイムはホワイトのクロスのようです。
(ホワイトのほうがコーディネートしやすい気がする^^;)

私はこうしました

一応ハワイ挙式のテーマは【ピンク×サングラス×シェブロン】だったので、
自宅で何度かシュミレーションをしました。

そしてこうなりました!
-0278
・サングラス&ネームタグ
・あいさつ文
・コース&ドリンクメニュー
・プチギフト(中身はホノルルクッキー)

席札代わりのネームタグはローマ字の名前です。
席札をローマ字にするのは認識しずらいので反対派の人も多いと思いますが、
今回のレセプションは家族だけだったのでそのあたりはご愛嬌。

家族だけなのでテーブル装花もなしです!!!!!!

あとレセプション直前に店員さん(もちろん日本語は通じない)に渡した指示書がこちら
precordinate20160205
ちなみに持ち込みアイテムを前日に渡そうとたら断られてしまいました。

コツ

わたくしテーブルコーディネートについては素人なのですが、
いろいろな画像を見ていて一つだけ学びがありました。
それは【立体感のあるもの】を使うこと。

私たちの場合は【サングラス】と【プチギフト】が立体感を担当するアイテムです。
プチギフトのリボンがペターっとならないように
ワイヤー入りのリボンにしてふわっとさせました。
-0279

レセプションの予約はモアナサーフライダーのサイトから予約できます。

それではまた明日!

記事一覧はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク