【海外ウェディング】スケジュールを制する者が、結婚式を制す

こんにちは!

ハワイウェディングのときに作ったスケジュールを紹介したいと思います。

なぜ作ったか

挙式当日は支度の関係上、新郎新婦の動きが異なることがあります。
また、私たちは3泊5日の過密スケジュールだったので、分単位で予定が詰まってましたΣ(゚д゚;)
二人の行動や予定をすり合わせるため、また心配ごとがない状態で挙式を迎えられるように細かめにスケジュールを作りました。

↓こちらが実物。もちろんエクセルです。
scadule20160303※クリックで拡大

私が忘れそうだったこと

私は本当に記憶力がないので(+□+)、どんなに小さいことでも忘れそうなことはスケジュールに記載することにしました。
代表的なことは以下のようなことです。

挙式打ち合わせにドレス・スーツ忘れずに
もちろん小物も含まれます。
挙式当日の忘れ物がないように前日のこのタイミングで衣装関連のものはすべてあずけます。

wifiレンタル
現地でレンタルするように予約し、打ち合わせの合間に取りに行きました。
お店がたまたまJTBと同じビル内だったので本当にラッキーでした。

部屋Noを連絡
空港についてすぐ打ち合わせなのでこのタイミングまでチェックインができません。
チェックイン後すぐに家族やJTB、アールイズ、カメラマンさんなどに連絡をします。

席札・プチギフトを作る
席札はサングラスにタグをつける形にしたのでセッティングは前日しかできませんでした。また、プチギフトもホノルルクッキーにしたかったので打ち合わせの合間に購入。ラッピング用品はすべて準備して行きました。

ドレスを吊るす
ドレスがしわしわにならないように、部屋に着いたらまずはドレスを吊るします。
私たちはファーストミートする予定だったので持ち運び以外の管理は自分しかできません。主人に頼れないのがかなり大変でした(>□<;)

レイ・カメラ・母の遺影を渡す
前日の夕食時に簡単なレイセレモニーをして「明日よろしくお願いします」と一人一人に伝えました。また、自分のデジカメを義妹にお願いして、母の遺影を実弟にお願いしました。

ビーチ撮影後にアールイズに連絡
ビーチでのファーストミート撮影のあとアールイズさん(会場)に連絡するように前々から言われてました。せっかくドレスを着て花嫁になったのに携帯が手放せません!!!!!!!(主人は海外での携帯の扱いが苦手)。しかも担当の方の名刺をホテルに忘れてきてしまいかなりドタバタでした。できれば連絡先は前日ではなくて事前(できれば日本にいるときに)に教えておいてほしかったですねΣ(゚д゚;)

レンタル小物を返却
午前中のビーチ撮影の会社さんにヘッドピースとブーケを借りたのでこのタイミングでホテルのベルデスクに届けておく必要がありました。
ただ、これはスケジュール的にかなり無理があったので翌日返却にしてもらいました。

これ以外に発生した大事だけど忘れそうなこと

結婚指輪
指輪は貴重品なので会場に預けることができません。海外では指輪がないと結婚式をしてくれない!なんてこともあるようなので要注意です。

チップ
実際行ってみたらチップを渡す人が予定より多くなりましたΣ(゚д゚;)Σ(゚д゚;)
金額別にしておいたのですがぐちゃぐちゃになってしまい渡す人を間違えてプチパニック。
さらにチップが足りなくなったり・・・でもお財布は金庫に置いてきてしまって・・・みたいなどうしようもない状態になってました。
結局、挙式直後に親に現金を借りました笑

スケジュールを作ってきづいたこと

ご飯の予定はすべて入れるようにしたのですが、挙式当日の昼食が食べれないことに気づきましたΣ(゚д゚;)
なので日本からカロリーメイトを持っていって控え室で食べてました笑
これはスケジュールを作ってみないとわからないことだったと思います。

私はスケジュールについては几帳面な正確なので、作っていたときはスケジュール通りに行動できるかワクワクしていました。
実際にはできなかったこともそれなりに(いや、けっこう)あったのですが、やりたかったことはほとんどできたのでまあまあ満足です!

できなかったことの記事も今度書こうと思います。

それではまた次回!

記事一覧はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク